読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トリスタンダクーニャ(2017/01/29)

トリスタンダクーニャ

トリスタンダクーニャ公式サイトはそこそこな頻度で更新されます。

イベント、行事、島の構成員についてのニュースが多いです。

2017年に入ってからの記事をいくつか抜粋して和訳していきます。

 

 

現在の島民の構成(元サイト)

2017/01/22に更新された島民の構成についての最新情報です。

 

島民の数:262人(うち19人は島にいない)

移住労働者や訪問者、その家族などの数:68人

島にいる人の数の合計:311人

 

島民のさらに詳しい情報(表)

f:id:baklajan:20170125224520p:plain
この表の管理者はCynthia Green(1966/12/27生まれの50才)だそうです。

 

 羊の毛刈り(元サイト)

年に一度の羊の毛刈りが1月14日に開催されました。通常はクリスマス前に開催されているのですが、今年は2隻の船からの荷下ろしがあった関係で延期されて1月に行われることになりました。

当日はとても蒸し暑いけれどいい日でした。コミュニティの大部分が日中は羊用の囲いのところにいました。子供たちはこの日をとても楽しんでいて、また熱心に囲いの周囲を走り回り羊飼い用の杖を手に子羊を捕まえました。

正午ごろになると、人々は家に帰って集合し、バーベキューや料理を楽しみました。その後友達の家に訪れました。(訳注:braaiは南アフリカでバーべーキューのような意味)


f:id:baklajan:20170129163743j:plain    f:id:baklajan:20170129163751j:plain

(左)牡羊を捕まえる人   (右)獣医のスーが毛刈りをしているところ

f:id:baklajan:20170129163757j:plain f:id:baklajan:20170129163801j:plain

(左)羊と毛 (右)会場に集まった人々の車

 

羊の数のほうが人の数より多いと聞くとニュージーランドを思い浮かべる人が多いと思いますが、トリスタンダクーニャも島にいる人の数311に対して羊の数約500なので羊の数のほうが人の数より多いです。(ニュージーランドのほうが人数当たりの人の数は多いです。) 

 

 

 クルーズショーへのChris Carnegyの参加(元サイト)

2017/01/13にロンドンで行われたクルーズの展覧会にイギリスのトリスタンダクーニャ代表であるChris Carnegy(おそらく島民ではない)が参加しました。Chrisはトリスタンダクーニャがクルーズの誘いを感謝していることとトリスタンダクーニャは暖かくそれを受け入れるということを伝えました(訳注:訳が適当)。

 

 

ヘルスケアセンターの建設進捗

(元サイト 1 2 3)

新しいヘルスケアセンターが建設されています。

f:id:baklajan:20170129155913j:plain

2016年12月27日

f:id:baklajan:20170129160005j:plain f:id:baklajan:20170129160719j:plain

(左)2017年1月17日 (右)2017年1月25日

 

f:id:baklajan:20170129160024j:plain f:id:baklajan:20170129160028j:plain

2017年1月27日 (左)黄色い袋は落下物のためのエアバッグ (右)Grant pearce(おそらく島民ではない)

 

この他にも交通事故で死者が出たり南アフリカからヨットが2隻到達したりナショナルジオグラフィックの遠征船がやってきたりしています。

 

 写真の出典はTristan da Cunha Websiteです。

 

 

トリスタンダクーニャにはアルバトロスバー(google map)というバーがあるのですが、googleの口コミが119件で評価が星4.3とかなり高評価になっています。

 

f:id:baklajan:20170129165209p:plain

外観

f:id:baklajan:20170129165223j:plain

内装

 

 

nemontemi.hatenablog.com